お問い合わせご相談は無料

初診日は大切

障害年金はその障害に至ったきっかけとなった傷病の初診日にどの年金制度に加入していたかにより、請求できる障害年金の種類が異なります。

 

そして障害年金の種類によって受け取れる年金額が変わってしまうので初診日は大切と言われるのです。

 

  

初診日は勘違いしやすい?

障害の原因となった傷病で初めて医師または歯科医師の診察を受けた日のことを指します。

 

人工透析を受けていいる人はその病院に初めて行った日が初診日と言う訳ではありません。

例えば会社の健康診断で受けた尿検査で蛋白や潜血が陽性となり療養の指示があった場合この日が初診日になります。

 

また前の傷病がなかったら後の傷病は起こらなかっただろうと認められる場合を「相当因果関係あり」と言います。この場合前後の傷病は同一の傷病として取り扱うこととされています。

ゆえに後の傷病の初診日は前の傷病の診察を受けた日と認定されることになります。

 

また前後の傷病に関連性がないと認められる場合を「相当因果関係なし」と言います。

 

 

初診日の考え方

●初めて診療を受けた日(治療行為または療養に関する指示があった日)


●同一傷病で転医があった場合は,一番初めに医師等の診療を受けた日

 →例えば、最初の病院が閉院していて初診日の証明が取れない。

  だから次にかかった病院を初診だったことにしよう・・・

  と言うことは出来ません。


●過去の傷病が治癒し同一傷病で再度発症している場合は,

 再度発症し医師等の診療を受けた日

 →いわゆる社会的治癒です。

>>「社会的治癒」について読む


●健康診断により異常が発見され,療養に関する指示を受けた場合には,

 健康診断日

 →例えば腎疾患では昔受けた健診時に尿にたんぱくが出ていたことが

  始まりで10年も20年も経ってから腎臓が悪くなり、

  ついには人工透析・・なんてことも少なくありません。
  では初診日は?そう、健診を受けた日なんです。

●誤診の場合であっても正確な傷病名が確定した日ではなく,

 誤診をした医師等の診療を受けた日

 →診断名は経過を追うごとに変わることはあります。

  初めの診断名が現在の診断名と関連性のないものであったとしても

  同一の傷病で治療しているのであれば診断名に関わらず初めて診療を

  受けた日が初診日となります。


●じん肺症(じん肺結核を含む)については,じん肺と診断された日

 じん肺の場合、いつ罹患したかを特定することが困難であるため

  じん肺と診断された日が初診日として取り扱うと取り決めです。
  特殊な例ですね。


●障害の原因となった傷病の前に相当因果関係があると認められる傷病が

 あるときは,最初の傷病の初診日

 前の傷病がなかったならば後の傷病は起こらなかっただろうと

  認められる場合には前後の傷病に「相当因果関係あり」として

  同一傷病と取り扱うことになっています。
>>「相当因果関係あり」について読む

 

 

初診日の証明が取れない方

カルテが残っていない、閉院してしまったなど初診時の医証がとれない場合は「受診状況等証明書が添付できない理由書」を提出します。

 

この書類には証拠書類を添付する必要があります。

 

初診の証明として採用される可能性があるものは保管しておくことをおすすめします。

 

【証拠となりうる可能性があるもの】

・当時の診察券

・投薬袋、薬の説明書、お薬手帳

・健康保険の給付記録

・入院記録、診療受付簿

・会社の健康診断の記録

・学生時代の健康記録

・身体障害者手帳等を申請した時の診断書

・労災の事故証明

・交通事故証明書

・インフォームド・コンセントを受けた際の資料

・第三者の証明になりうるもの 

 

 

 

初診日の確定は難しいことも多く苦労されることも多いかと思います。

障害年金請求は初診日の確定からスタートします。

お気軽にご相談ください。

 

よくある質問

Q 初診日が良く分からないのですが・・・?

Q 初診日の証明書が取れません。請求をあきらめた方が良いでしょうか?

Q 年金事務所と他の社労士事務所に初診日が分からないので障害者年金

  (注:正式には「障害年金」です)をもらえないと言われたのですが本当に

  もらえないのでしょうか?

 初診日が分からないために請求出来ないケースは確かにあります。きっと大変

  悔しい思いをされていることと思います。初診日の証明が取れない場合は、

  客観的な証拠となる資料を集めて請求します。

  当事務所では医療の知識と経験で初診日を証明するきっかけを発見することに

  全力を尽くします。もちろん お客さまのご協力も必要になります。

  何もやらずにあきらめるのはもったいない気がします。あきらめずにやってみ

  ることが大切です。

  「あきらめない!」さあ、一緒に頑張りましょう!

 

 喉の疾患にかかり4年前に初診日があります。その後喉頭全摘出手術を受けま

  した。手術の日は初診日から障害認定日である1年6か月から10日後でした。

  障害年金請求のために年金事務所へ行ったら「喉頭全摘出をしたのが1年6か月

  を過ぎてからなので認定日請求はできません」と言われました。

  諦めなくてはいけないでしょうか?

 喉頭全摘出をした場合に初診日から1年6か月経過していない場合はその手術を

  した日が障害認定日になります。

  ですが、初診日から1年6か月を過ぎてから喉頭全摘出手術をしたからと言って

  直ちに認定日請求ができないと言う考え方は間違いです。

  障害認定日の状況をもって一定の障害にあると認定されれば障害年金を受給

  できる可能性はあります。

  



ホーム
障害年金TOP
障害年金お問い合わせ