お問い合わせご相談は無料

障害年金認定基準(眼の障害)

◆眼の障害による障害認定基準のポイント

屈折異常のあるものについては、矯正視力を測定し、これにより認定する。
矯正視力とは、眼科的に最も適正な常用し得る矯正眼鏡又はコンタクトレンズによって得られた
視力をいう。
   なお、眼内レンズを挿入したものについては、挿入後の矯正視力を測定し、これにより認定する。

両眼の視力は、両眼視によって累加された視力ではなく、それぞれの視力を別々に測定した数値であり、両眼の視力の和とはそれぞれの測定値を合算したものをいう。

視力障害と視野障害が併存する場合には、併合認定の取り扱いを行う。

 

◆認定基準(視力障害、視野障害)
【1 級】

・両眼の視力の和が0.04以下のもの

【2 級】

・両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの
・両眼の視野が5度以内のもの

・両眼の視野が10度以内(Ⅰ/4視標)かつ中心10度以内の8方向の残存視野のそれぞれの角度の合計が56度以下(Ⅰ/2視標)

【3 級】

・両眼の視力が0.1以下に減じたもの

 

 


ホーム
障害年金TOP
障害年金お問い合わせ